忍者ブログ
日々のあれこれを書き綴るための雑記帳
[12]  [2]  [11]  [10]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

それは昨日の夜。
王宮での職務を終え、居候先の農場「真・プリン帝國」に帰宅した時のこと。


いつものように、群がるプリン型の生物(肉食)をあしらいながら母屋に上がる。
そして、住居である屋根裏への階段を降ろして部屋へ入ると――


ベッドの上に、パンダが座っていた。


「………………」

しばし沈黙。

とりあえずベッドから降りろと言うべきか、
それとも問答無用でジャーマンスープレックスを決めるべきか。
いや、それ以前に何故パンダがこんなところに居るのか……?

悩んでいると、突然パンダが身を起こして近寄ってきた。
首をふりながら、とことこと。
そして、

「むにゃむにゃ…」

……起きたまま寝言を言い出した。
そのまましな垂れかかって来るパンダ。
子供とはいえ、結構重い。

「仕方ないな……」

抱え上げて、ベッドの上に寝かせる。
ただでさえ狭いベッドなので、もうほとんどスペースがない。
こうなったら抱きかかえて寝るしかなさそうだ。

もこもこの毛皮ごしに伝わる体温が心地良く、
その日は朝までぐっすりと眠れた。

 

――そして今日。

結局、朝は追い出せないまま勤務の時間になり、
わずかな買い置きの食料(主にプリン)を与えて、家の中に残してきた。

澄んだ星空の下、手に紙袋を抱えて家路を急ぐ。
袋の中にはリンゴや野菜などがゴロゴロと入っている。

玄関のドアを開けると、待ちわびたように彼が鎮座していた。

「シスタスだ♪」

人の言葉を発しながら、とことこと近寄ってくる。
リンゴを袋から出してやると、両手で受け取って嬉しそうに齧り始めた。
そんな様子を眺めながら、

(……もう一日くらい良いかな)

と密かに思う。
きっと明日も同じことを思うのだろうけれど。

リンゴに夢中な抱き枕をかかえて、屋根裏部屋に上がるのであった。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール
HN:
シスタス
性別:
女性
最新記事
最新コメント
[10/26 ユーリ]
[10/17 シャレム]
[10/15 プルラ]
[07/04 ま~がれっと]
[07/02 シャレム]
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]